v6プラスを使ってインターネット接続速度を改善する

v6プラス利用前に起こっていた問題

家のインターネット回線の速度が夜に数百kbpsと劇的に遅くなり、ニコニコ動画Youtubeの動画を再生するのに動画時間の何倍も待ったりWebサイトやツイッターの画像の表示も数十秒待つような状況になっていました。業を煮やして調べると、NURO光やv6プラスにすると回線速度の低下がなくなるらしいので対策をすることにしました。

フレッツ光 2017年 急激に遅い評判増える その原因は? | 実際の速度は800M以上! NURO光の実測や評判は?

夜インターネット回線が遅いのを改善してみた(@nifty/フレッツ光/v6プラス/WXR-1900DHP): わかぶろぐ

私は賃貸マンションに住んでいて、インターネット回線はフレッツ光のマンションタイプ(100Mbps)、プロバイダはYahoo! BBでした。NURO光にするには回線を引けるかどうか大家の方と相談が必要だったり時間と手間がかかりそうだったので、自分だけで手続きができるv6プラスを申し込んでみることにしました。

フレッツの回線タイプによってはv6プラスは使えないようですが、自分のマンションが対応しているタイプ(書類によるとNマンション1Bですが、下のサイトのどれに該当するかはよく分かりません。)は対応してました。

サービス内容|フレッツ・v6オプション|フレッツ光公式|NTT東日本|インターネット接続ならフレッツ光

v6プラスについて

フレッツのIPv4は契約者数が多い上に装置で最大200Mbpsに制限されていて通信量が多くなる夜に速度低下が起こるようで、それがv6プラスで回避できるようです。

【v6プラスとは?】遅いネット回線が高速に!対応プロバイダと市販ルーター機器のまとめ - 踊るびあほりっく

v6プラス | サービス紹介 | JPNE | 日本ネットワークイネイブラー株式会社

また、v6プラスにすると固定IPアドレスを使えなくなったり特定のポートを使う通信ができなくなるので自宅サーバーや特定ポートを使う一部のゲームに影響があるようです。とは言え1契約でIPv4のセッションも同時に張ることができるので、v6プラスを使っても大丈夫だと思います。私はPS4IPv4を使ってインターネットに接続できるようにしました。

プロバイダとの契約

v6プラスに対応しているプロバイダはいくつかありますが私は@niftyにしました。v6プラスオプションは無料で利用できます。

v6プラスのご案内 : @nifty

7/10に申し込んで7/12には書類が郵送されてきました。ただ、よく分からないのは7/12にはルーターの設定をしてIPv4が使えるようになったと思ってたんですが、@niftyの課金開始日が8/1でした。もしかしたらルーターYahoo! BBの設定が残っていてインターネットに接続できていたのかもしれません。

8/3に「IPv6接続オプション」の申し込みが完了したというメールが来て、v6プラスが使えるようになりました。

v6プラス対応のルーターの準備

v6プラスを使うには対応するルーターが必要です。v6プラス対応のホームゲートウェイひかり電話対応ルーター)か、市販のv6プラス対応ルーターを用意する必要があります。私はホームゲートウェイを使っていなかったので、BUFFALOのWXR-1750DHP2というルーターを購入しました。

buffalo.jp

BUFFALOのv6プラス対応ルーターはサイトに一覧があります。

IPv6接続動作確認済みサービス/機器一覧 | BUFFALO バッファロー

ルーターの設定

v6プラスを使ってインターネットに接続するようにルーターの設定をします。ブラウザでルーターの設定画面にログインした後、

1.「IPアドレス取得方法」で「インターネット@スタートを行う」を選択する。

f:id:LocaQ:20170827220918p:plain:w800

2.PPPoEの設定がもしあれば削除する。

f:id:LocaQ:20170827220928p:plain:w800

3.「IPv6接続方法」で「NDプロキシを使用する」を選択する。

f:id:LocaQ:20170828232509p:plain:w800

当初は1と2だけ行っていましたが深夜0:30頃に回線が数分間切断されるという現象が発生していました。対策として3の設定を行うと解決します。

※2017/8/28追記:当初は3で「IPv6パススルーを使用する」を選択していましたが、セキュリティ上危険だと指摘を頂いたので「NDプロキシを使用する」を選択するように変更しました。

ルーターの設定ができたらv6プラスがちゃんと使えるか下のサイトで確認します。

IPv4/IPv6接続判定ツール

「v6プラスのインターネットアクセス(v6プラス用)」の試験でOKが表示されていれば成功です。

f:id:LocaQ:20170827230617p:plain:w600

感想

v6プラスにする前は速くて20Mbps程度、夜は最悪1Mbpsを下回る状況でしたが、v6プラスを使い始めたら夜でも60Mbps以上出るようになり最初に書いた問題も解決しました。最大100Mbpsの回線契約でこれだけ速度が出るのは驚きです。

また、これくらい速度が出るとYoutube4K解像度・60FPSの動画も、ページを表示してすぐに再生を開始しても止まることなく視聴できます。

プロバイダを変更する手間とルーターの購入が必要でしたが、快適にインターネットを使えるようになったので満足してます。